RADWIMPS 夜の淵
RADWIMPS 泣き出しそうだよ feat あいみょん
RADWIMPS IKIJIBIKI feat. Taka ONE OK ROCK
RADWIMPS 君の名は。 Orchestra Concert
RADWIMPS そっけない
RADWIMPS 前前前世
RADWIMPS スパークル
RADWIMPS 空窓
野田洋次郎(RADWIMPS) 蝶々結び
RADWIMPS Shape Of Miracle
RADWIMPS Mountain Top
RADWIMPS 洗脳
RADWIMPS サイハテアイニ
RADWIMPS 夢灯籠
RADWIMPS ‘I’ Novel
RADWIMPS Saihate Aini
RADWIMPS ピクニック
RADWIMPS 週刊少年ジャンプ
RADWIMPS いいんですか? 2017 ver.
RADWIMPS Zenzenzense(前前前世English ver.)
RADWIMPS なんでもないや
RADWIMPS 光
RADWIMPS G行為
RADWIMPS 揶揄
RADWIMPS 独白
RADWIMPS 七ノ歌
RADWIMPS メルヘンとグレーテル
RADWIMPS 夢見月に何想ふ
RADWIMPS 俺色スカイ
RADWIMPS ヒキコモリロリン
RADWIMPS おとぎ
RADWIMPS なんちって
RADWIMPS 記号として
RADWIMPS 心臓
RADWIMPS me me she
RADWIMPS 春灯
RADWIMPS あいとわ
RADWIMPS カイコ
RADWIMPS Last Virgin
RADWIMPS 実況中継
RADWIMPS 会心の一撃
RADWIMPS 五月の蝿
RADWIMPS ラストバージン
RADWIMPS ドリーマーズ・ハイ
RADWIMPS ブリキ
RADWIMPS 白日
RADWIMPS シュプレヒコール
RADWIMPS 君と羊と青
RADWIMPS 寿限夢
RADWIMPS 狭心症
RADWIMPS 縷々
RADWIMPS マニフェスト
RADWIMPS 携帯電話
RADWIMPS 叫べ
RADWIMPS タユタ
RADWIMPS おしゃかしゃま
RADWIMPS オーダーメイド
RADWIMPS いいんですか?
RADWIMPS セツナレンサ
RADWIMPS 有心論
RADWIMPS ふたりごと
RADWIMPS セプテンバーさん
RADWIMPS イーディーピー~飛んで火に入る夏の君~
RADWIMPS 25コ目の染色体
RADWIMPS 愛し
RADWIMPS へっくしゅん
RADWIMPS 祈跡
RADWIMPS もしも

RADWIMPS DADA

「DADA」(ダダ)は、RADWIMPSのメジャー9枚目、通算12枚目のシングル。 2011年1月12日に EMIミュージック・ジャパンから発売された。RADWIMPSの2011年第一弾シングルで、前作「携帯電話」「マニフェスト」から約半年ぶりのリリースとなる。曲名の「DADA」とは『ダダイスム』、『駄々っ子』、『曲のキーが「Dm」と「Am」』の3つの意味がある。曲のキーは後で気付いたという。「DADA」はポピュラー音楽の批評家から肯定的評価を得ている。『hot express』の武川春奈は、「ドラムロールと共に吐き出される、“生きてる間すべて遠回り”“誰しも死ぬ時が出口”といった野田節の数々。金属音のように鋭いうねりをみせるギター。地響きを立てながら重たいサウンドを轟かせるベース。彼らの新境地となった『おしゃかしゃま』を彷彿とさせるほど目まぐるしく色を変え、激しく飛び回る音たち。高い演奏技術を持っているバンドだけに、表題曲のようなエモパンクを混ぜ込んだ作品では、より力強い輝きを放つ。脳みそを揺さぶられる感覚。狂ったように体を動かしたくなる感覚。ちょっと危険で、かなり刺激的。そんな要素が細部に施された作品だ。」と批評した。『CDジャーナル』の木村浩子は、「「イーディーピー」などの初期ラッドを想起させるメタリックなギターが印象的なミクスチャー・ロック・チューン」であると批評。歌詞は虚無感や漠然とした不安が渦巻く時代に疑問を呈する”現代のダダイズム”を意識していると思われ、これまでの歌詞が「君と僕」の恋愛感情が中心だったが、近作からより広い愛情や世の中への視線のシフトが感じられるとコメントした。また、多く韻を踏み、文字量が多い言葉遊び的な要素を取り入れる事で過剰な熱さを回避しているとも指摘した。『リッスンジャパン』の青雪吉木は、”攻撃的な曲”だと批評。前作「携帯電話」「マニフェスト」はアイリッシュ・トラッドやカントリーのテイストを持った、穏やかで優しくユーモラスな楽曲だったのに対し、本作は「マーチング・バンドのように連打される太鼓から始まり、電話のベルやスクラッチを混ぜつつ、轟音ギターでブレイクするミクスチャー・ロック」で、”「おしゃかしゃま」の発展版”といえるだろうとコメントした。2011年1月24日付オリコン週間シングルチャートで「オーダーメイド」以来3年ぶり2作目の首位獲得となった。初動売上はシングルでは自己最高の9万枚(正式には89941枚)を記録し、初動売上のみで前作「携帯電話」「マニフェスト」それぞれの累計売上を上回った。累計売上はこれまでの最高であった「オーダーメイド」の売上を上回り、自身のシングルでは最大のヒット作となっている。
同年1月24日付けのBillboard JAPANHot 100とHot Singles Salesの2つのシングルチャートで首位を獲得。Hot Top Airplayでは1月3日付けで初登場42位、17日付けで4位まで一気に上昇。Adult Contemporary Airplayでは1月3日付けで98位で初登場した後徐々に順位を上げ、1月24日付けで最高8位を記録。同年1月18日付けの日本レコード協会による着うたフルのダウンロード数を集計したRIAJ有料音楽配信チャートで初登場8位を記録。収録曲
DADA [3:45]
「おしゃかしゃま」や「ハイパーベンチレイション」を引き継ぐ様なラップ調ロック。
PVに登場する文字はCGではなくこの為に作られた木製の実物であり、作られた文字は全部で814文字にも及ぶという。
縷々 [4:03]
バラード調の曲。読み方は「るる」。縷々とは「細く長く続くさま」「ごまごまと詳しく述べるさま」という意味である。


【人気ブログランキング】RADWIMPS(ラッドウィンプス)
MUSICPVCOLLECTIONはApple iTunes正規提携サイト。ミュージックAppやiTunesで曲を聴きながら歌詞を表示する方法は以下からご覧ください。