L’Arc〜en〜Ciel Wings Flap
L’Arc〜en〜Ciel 叙情詩
L’Arc〜en〜Ciel New World
L’Arc〜en〜Ciel milky way
L’Arc〜en〜Ciel 自由への招待
L’Arc〜en〜Ciel 瞳の住人
L’Arc〜en〜Ciel Spirit dreams inside
L’Arc〜en〜Ciel finale
L’Arc〜en〜Ciel NEO UNIVERSE
L’Arc〜en〜Ciel LOVE FLIES
L’Arc〜en〜Ciel fate
L’Arc〜en〜Ciel HEAVEN’S DRIVE
L’Arc〜en〜Ciel forbidden lover
L’Arc〜en〜Ciel snow drop
L’Arc〜en〜Ciel 浸食
L’Arc〜en〜Ciel 花葬
L’Arc〜en〜Ciel metropolis
L’Arc〜en〜Ciel THE GHOST IN MY ROOM
L’Arc〜en〜Ciel 虹
L’Arc〜en〜Ciel Lies and Truth
L’Arc〜en〜Ciel さようなら
L’Arc〜en〜Ciel I’m so happy
L’Arc〜en〜Ciel 風にきえないで
L’Arc〜en〜Ciel 夏の憂鬱
L’Arc〜en〜Ciel Wind of Gold
L’Arc〜en〜Ciel Brilliant Years
L’Arc〜en〜Ciel Vivid Colors
L’Arc〜en〜Ciel Blurry Eyes
L’Arc〜en〜Ciel 夜想花
L’Arc〜en〜Ciel Floods of tears
L’Arc~en~Cie Hurry Xmas
L’Arc~en~Ciel Winter Fall
L’Arc-en-Ciel Don’t be Afraid
L’Arc-en-Ciel Don’t be Afraid
L’Arc〜en〜Ciel the Fourth Avenue Cafe
L’Arc〜en〜Ciel Killing Me
L’Arc〜en〜Ciel EVERLASTING
L’Arc〜en〜Ciel CHASE
L’Arc〜en〜Ciel X X X
L’Arc~en~Ciel GOOD LUCK MY WAY
L’Arc~en~Ciel BLESS
L’Arc~en~Ciel NEXUS 4
L’Arc~en~Ciel SHINE
L’Arc〜en〜Ciel DRINK IT DOWN
L’Arc~en~Ciel DAYBREAK’S BELL
L’Arc~en~Ciel MY HEART DRAWS A DREAM
L’Arc-en-Ciel SEVENTH HEAVEN
L’Arc〜en〜Ciel Link
L’Arc〜en〜Ciel READY STEADY GO
L’Arc〜en〜Ciel STAY AWAY
L’Arc~en~Ciel Driver’s High
L’Arc〜en〜Ciel Pieces
L’Arc〜en〜Ciel HONEY
L’Arc〜en〜Ciel DIVE TO BLUE

L’Arc〜en〜Ciel flower

「flower」(フラワー)は、日本のバンド、L’Arc〜en〜Cielの5作目のシングル。1996年10月17日発売。発売元はKi/oon Sony Records。前作「風にきえないで」以来3ヶ月ぶりのシングルリリース。最終的な売上は30万枚以上を記録し、sakura在籍時のL’Arc〜en〜Cielとしては最大の売上を記録したシングルとなっている。
表題曲がフジテレビ系番組『プロ野球ニュース』のテーマソング(1996年10月-1997年3月)として起用されたことで、プロモーション活動では、メンバーがユニフォーム姿で広告に登場した。
表題曲「flower」について発売当初、作曲者であるhydeは「この曲が売れなきゃ世の中が間違っている」と発言していた。また、hydeはこの曲をあまり良いと思っておらず、2010年のインタビューにおいて「時代を俯瞰で見て、今だったらこういう曲を作れば売れるだろうと、当時狙って作った曲」とも語っており、「自分の世界観とは違う不思議な存在」と述懐している。
同年リリースされたメンバーによる選曲で構成されたベストアルバム『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』では、「L’Arc〜en〜Cielの歴史においてポイントとなる曲」という理由で収録されている。flower
作詞・作曲:hyde 編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Takao Konishi
ソロから入る女性のバックコーラスは作曲家、兼歌手の佐々木真理(佐々木真里)によるものである。現在までに6作のアルバムに収録されており、「虹」、「HONEY」と並んで収録アルバム数が一番多い楽曲となっている。
ライブでこの曲を演奏するとき、間奏時にhydeはハーモニカを吹き、終了後は、そのハーモニカを客席に投げ入れることが多い。
ファンからの人気は高い楽曲で、2001年に発売された初のベストアルバム『Clicked Singles Best 13』の収録曲を決めるファン投票で1位を獲得している。また、2006年に行われたライブ「15th L’Anniversary Live」の演奏曲目リクエスト投票でも2位を獲得している。
また、ロックバンド、Janne Da Arcやゴールデンボンバーの喜矢武豊がライブでカバーしたことがある。
参加ミュージシャン
hyde:Vocal, Chorus
ken:Guitars
tetsuya:Bass
sakura:Drums
flower
hyde:Blues Harp
佐々木真理:Female Chorus
吉田潔:Manipulate
さようなら
*メンバーが担当したその他のパート・楽器及びメンバー以外のレコーディング参加メンバーの記載なし


【人気ブログランキング】L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)
MUSICPVCOLLECTIONはApple iTunes正規提携サイト。ミュージックAppやiTunesで曲を聴きながら歌詞を表示する方法は以下からご覧ください。