L’Arc〜en〜Ciel Wings Flap
L’Arc〜en〜Ciel 叙情詩
L’Arc〜en〜Ciel New World
L’Arc〜en〜Ciel milky way
L’Arc〜en〜Ciel 自由への招待
L’Arc〜en〜Ciel 瞳の住人
L’Arc〜en〜Ciel Spirit dreams inside
L’Arc〜en〜Ciel finale
L’Arc〜en〜Ciel NEO UNIVERSE
L’Arc〜en〜Ciel LOVE FLIES
L’Arc〜en〜Ciel fate
L’Arc〜en〜Ciel HEAVEN’S DRIVE
L’Arc〜en〜Ciel forbidden lover
L’Arc〜en〜Ciel snow drop
L’Arc〜en〜Ciel 浸食
L’Arc〜en〜Ciel 花葬
L’Arc〜en〜Ciel metropolis
L’Arc〜en〜Ciel THE GHOST IN MY ROOM
L’Arc〜en〜Ciel 虹
L’Arc〜en〜Ciel Lies and Truth
L’Arc〜en〜Ciel さようなら
L’Arc〜en〜Ciel I’m so happy
L’Arc〜en〜Ciel 風にきえないで
L’Arc〜en〜Ciel 夏の憂鬱
L’Arc〜en〜Ciel Wind of Gold
L’Arc〜en〜Ciel Brilliant Years
L’Arc〜en〜Ciel Vivid Colors
L’Arc〜en〜Ciel Blurry Eyes
L’Arc〜en〜Ciel 夜想花
L’Arc~en~Cie Hurry Xmas
L’Arc~en~Ciel Winter Fall
L’Arc-en-Ciel Don’t be Afraid
L’Arc-en-Ciel Don’t be Afraid
L’Arc〜en〜Ciel the Fourth Avenue Cafe
L’Arc〜en〜Ciel Killing Me
L’Arc〜en〜Ciel EVERLASTING
L’Arc〜en〜Ciel CHASE
L’Arc〜en〜Ciel X X X
L’Arc~en~Ciel GOOD LUCK MY WAY
L’Arc~en~Ciel BLESS
L’Arc~en~Ciel NEXUS 4
L’Arc~en~Ciel SHINE
L’Arc〜en〜Ciel DRINK IT DOWN
L’Arc~en~Ciel DAYBREAK’S BELL
L’Arc~en~Ciel MY HEART DRAWS A DREAM
L’Arc-en-Ciel SEVENTH HEAVEN
L’Arc〜en〜Ciel Link
L’Arc〜en〜Ciel READY STEADY GO
L’Arc〜en〜Ciel STAY AWAY
L’Arc~en~Ciel Driver’s High
L’Arc〜en〜Ciel Pieces
L’Arc〜en〜Ciel HONEY
L’Arc〜en〜Ciel DIVE TO BLUE
L’Arc〜en〜Ciel flower

L’Arc〜en〜Ciel Floods of tears

「Floods of tears/夜想花」(フラッズ・オブ・ティアーズ/やそうか) は、日本のロックバンド、L’Arc〜en〜Cielのインディーズシングル。1992年11月25日発売。発売元はNight Gallery Records。L’Arc〜en〜Cielがインディーズ時期に唯一リリースしたシングル。両A面シングルである。
1,000枚限定発売だったが、予約だけで完売した。後に「Floods of tears」は1st (インディーズ) アルバム『DUNE』に収録されるが、今作とは別物。これは、この当時のドラマー、peroがアルバムリリース前に脱退したことにより、録り直されたためである。その際、全体のアレンジや (オルゴールのイントロの有無が分かりやすい例)、歌詞の一部が変更されており、このシングルヴァージョンと、アルバムにも収録されなかった「夜想花」は、その発売枚数の少なさから長らく入手が困難な状態にあり、現在でも高値で取引されている。
しかし、2004年にメジャーデビュー10周年を記念しリリースされた『DUNE 10th Anniversary Edition』に同じく入手困難だった「予感」とともにボーナス・トラックとして収録され、入手が容易となる。今作の他にperoがドラマーとして市販された曲は、コロムビアからリリースされたオムニバスアルバム『GIMMICK』収録の「VOICE」があるが、こちらも『DUNE』収録版とは別物であり、再発された『DUNE 10th Anniversary Edition』にも収められていない。
当時、ラルクはまだデンジャークルー・レコードとは契約しておらず、このシングルは、HM系インディーズの先駆け的レーベルであるナイトギャラリー・レコードによりリリースされた[1]。しかし、リリースされるに至った経緯は、「ナイトギャラリー・レコードよりリリースを予定していてすでにレコーディングまで済ませていたアルバムの出来栄えが気に入らなかった為、事務所にリリースの中止を要請したところ、リリースをしない場合はレコーディング等に費やした制作費を全額支払うよう請求されてしまい、支払いを待ってもらう代わりに事務所側が提案したシングルリリースを承諾した」というもので、必ずしも本人たちの意に即したものとは言えず(tetsuyaは後に「悪い大人達に騙された」とファンの問いに答えている)、このことが長らく再発や収録されなかった原因のひとつとなった。
ラルク単独作品で、デンジャークルー・レコードとキューンレコード以外のレーベルは、このシングルと、自主製作で無料配布されたビデオ『L’Arc-en-Ciel』のみである。
余談だが、tetsuyaは自身がリスペクトしているロックバンド、DEAD ENDのアルバム『∞ (infinity)』のライナーノーツにおいて、「かつてDEAD ENDが所属していたナイトギャラリーから、このシングルをリリースできたことが嬉しかった。」ともコメントしている。Floods of tears
作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L’Arc〜en〜Ciel
ミュージック・ビデオも製作され、PV集『TOUCH OF DUNE』に収録されているが、10,000本限定販売で1ヶ月で完売したうえ、再発もされていないので、PVは現在も視聴が困難である。コンサートツアー「CONCERT TOUR ’96〜’97 Carnival of True」以降、長らくライブで演奏されていなかったが、2011年に行われたライブ「20th L’Anniversary LIVE」でおよそ14年ぶりに演奏された。
余談だが、初代ドラマーperoの音源(シングルバージョン)、2代目ドラマーsakuraによる『DUNE』に収録されているアルバムバージョンの音源、そして前述した「20th L’Anniversary LIVE」での3代目ドラマーyukihiroによるライブ音源が存在しており、”L’Arc〜en〜Cielの正式発表された音源において、在籍したドラマー全員が演奏した楽曲”となっている。hyde: Vocal, Chorus
ken: Guitar
tetsu: Bass, Chorus
pero : Drums
清水賢治:Keyboards


【人気ブログランキング】L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)
MUSICPVCOLLECTIONはApple iTunes正規提携サイト。ミュージックAppやiTunesで曲を聴きながら歌詞を表示する方法は以下からご覧ください。