B’z CHAMP
B’z さまよえる蒼い弾丸
B’z Liar!Liar!
B’z Calling
B’z FIREBALL
B’z Real Thing Shakes
B’z MOVE
B’z ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
B’z love me,I love you
B’z ねがい
B’z MOTEL
B’z Don’t Leave Me
B’z 裸足の女神
B’z 愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない
B’z ZERO
B’z BLOWIN’
B’z ALONE
B’z LADY NAVIGATION
B’z 愛しい人よGood Night
B’z Easy Come, Easy Go!
B’z 太陽のKomachi Angel
B’z BE THERE
B’z LADY-GO-ROUND
B’z 君の中で踊りたい
B’z だからその手を離して
稲葉浩志 BLEED
B’z いつかのメリークリスマス
稲葉浩志 YELLOW
稲葉浩志 水路
稲葉浩志 羽
B’z Classmate
B’z Las Vegas
B’z 有頂天
稲葉浩志 oh my love
稲葉浩志 Stay Free
稲葉浩志 泣きながら
稲葉浩志 念書
B’z ユートピア
B’z 核心
B’z Q&A
B’z Love Bomb
B’z GO FOR IT,BABY -キオクの山脈-
B’z C’mon
B’z Don’t Wanna Lie
B’z さよなら傷だらけの日々よ
稲葉浩志 Okay
B’z MY LONELY TOWN
B’z イチブトゼンブ
B’z DIVE
B’z いつかまたここで
B’z BURN -フメツノフェイス-
B’z SUPER LOVE SONG
B’z ロンリースターズ
B’z 永遠の翼
B’z SPLASH!
B’z ゆるぎないものひとつ
B’z 衝動
B’z OCEAN
B’z ultra soul(ウルトラ・ソウル)
B’z juice
B’z 今夜月の見える丘に
B’z ギリギリchop
B’z HOME
B’z LOVE PHANTOM
B’z love me, I love you
B’z 恋心

B’z RED

「RED」(レッド)は、日本の音楽ユニット・B’zの52作目のシングル。スカパー!「スカパー! プロ野球交流戦」『もっと、ドキドキな毎日「黒田篇」』CMソング
日本テレビ系『スッキリ!!』2015年6月度エンディングテーマ松本孝弘:ギター・作曲・編曲
稲葉浩志:ボーカル・作詞・編曲
寺地秀行:編曲
バリー・スパークス:ベース
シェーン・ガラース:ドラム 2015年に広島東洋カープに復帰した黒田博樹投手の、マツダスタジアムでの登場曲のために書き下ろされた楽曲。B’zとしてはこれまでに「ultra soul」(世界水泳)など、スポーツの大会に楽曲を提供しているが、特定のアスリートのために曲を制作したのは今回が初となる。
楽曲制作の経緯は、2015年2月にロサンゼルスで黒田と松本が食事をともにする機会があり、そこで意気投合したことによるもの。その食事の翌々日には黒田からB’zに直々に登場曲制作の依頼があり、それを快諾した。依頼を受けた日から初登板予定の日までは1か月程度という厳しいスケジュールだったが、B’zは全国ツアーの合間を縫って「RED」を完成させた。松本は「開幕まであまり時間がなかったのですが、このオファーはミュージシャンとして興味深く、良い楽曲ができそうな予感はありました」とコメントし、稲葉は「特定のアスリートのための作品作りは初めてだったので、非常に新鮮な気持ちでやらせてもらいました。」とコメントしている[5][6]。
楽曲は松本曰く、「黒田投手御自身、延いてはファンの皆様の士気の上がる楽曲を提供しなければという想いがありました」というイメージで制作された。カントリーミュージックの代名詞的な楽器・バンジョーのリフから始まるアレンジになっており、「アメリカから帰って来たサムライ」をイメージしている。
歌詞について稲葉は、「どんな試合でも粘り強く寡黙に投げる」という黒田投手のイメージのもと、その裏での他人には見せない葛藤なども想像しながら言葉を選んだという。また、単なる黒田投手のテーマソングとしてではなく、それを歌う自分や聞き手も自分を投影できるような楽曲になったと稲葉は語っている。
歌詞のサビの出だしは、「(R)楽はしない (E)偉ぶらない (D)誰のせいにもしない」をはじめとして、「(R)礼を尽くし (E)栄華を捨て (D)泥まみれにもなろう」など、いずれも「R」「E」「D」を用いた折句になっている。
曲を提供された黒田は、「日本だけでなく世界でも活躍されているアーティストに曲を作っていただいて、松本さん、稲葉さん始め、曲作成に携わっていただいたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。いいピッチングをして少しでも恩返しができたらと思います」とコメントしている。
RCCから発売される映像作品『黒田博樹「15」の記録/記憶』にRCCオリジナル映像と合わせて特別収録されている。
20thアルバム『DINOSAUR』には未収録となり、現在シングル表題曲の中で唯一のアルバム未収録となっている。


【人気ブログランキング】B'z(ビーズ)
MUSICPVCOLLECTIONはApple iTunes正規提携サイト。ミュージックAppやiTunesで曲を聴きながら歌詞を表示する方法は以下からご覧ください。