嵐 アオゾラペダル
嵐 復活LOVE
嵐 HORIZON
嵐 ハダシの未来
嵐 言葉より大切なもの
嵐 Happiness(ハピネス)
嵐 Love Rainbow(ラヴ レインボー)
嵐 SUNRISE日本
嵐 Crazy Moon ~キミ・ハ・ムテキ~
嵐 Troublemaker(トラブルメーカー)
嵐 Face Down(フェイス・ダウン)
嵐 Lotus(ロータス)
嵐 果てない空
嵐 あの日のメリークリスマス
嵐 スパイラル
嵐 誰も知らない
嵐 おかえり
嵐 Love Wonderland
嵐 Fly
嵐 大野智(矢野健太) 曇りのち、快晴
嵐 ファイトソング
嵐 きっと大丈夫
嵐 Step and Go(ステップアンドゴー)
嵐 A.RA.SHI
嵐 We can make it!(ウィーキャンメイクイット)
嵐 Love so sweet(ラヴ・ソー・スウィート)
嵐 夏疾風
嵐 君のために僕がいる
嵐 One Love(ワンラヴ)
嵐 サクラ咲ケ
嵐 PIKA★★NCHI DOUBLE(ピカンチ ダブル)
嵐 Hero
嵐 瞳の中のGalaxy
嵐 青空の下、キミのとなり
嵐 愛を叫べ
嵐 PIKA☆NCHI(ピカンチ)
嵐 a Day in Our Life
嵐 Find The Answer
嵐 Doors〜勇気の軌跡〜
嵐 つなぐ
嵐 I’ll be there
嵐 WISH(ウィッシュ)
嵐 Power of the Paradise(パワー・オブ・ザ・パラダイス)
嵐 Daylight(デイライト)
嵐 I seek(アイ・スィーク)
嵐 トビラ
嵐 スーパーフレッシュ
嵐 時計じかけのアンブレラ
嵐 マイガール
嵐 もう一歩
嵐 揺らせ、今を
嵐 Monster(モンスター)
嵐 To be free
嵐 over
嵐 Dear Snow(ディア スノウ)
嵐 maboroshi
嵐 STORY
嵐 Boom Boom
嵐 ever
嵐 迷宮ラブソング
嵐 ふたりのカタチ
嵐 ついておいで
嵐 ワイルド アット ハート
嵐 目指した未来へ
嵐 ひとりじゃないさ
嵐 Voice
嵐 花火
嵐 Your Eyes
嵐 Breathless(ブレスレス)
嵐 Calling(コーリング)
嵐 Endless Game(エンドレス・ゲーム)
嵐 Sync
嵐 もっと、いまより
嵐 Road to Glory
嵐 Bittersweet(ビタースウィート)
嵐 君が笑えるように
嵐 GUTS !(ガッツ)
アラシ ナイスな心意気
嵐 Everything(エヴリシング)
嵐 感謝カンゲキ雨嵐
嵐 台風ジェネレーション
嵐 とまどいながら
嵐 Sakura(サクラ)
嵐 風の向こうへ
嵐 時代
嵐 Believe(ビリーヴ)
嵐 明日の記憶
嵐 Beautiful days(ビューティフル デイズ)
嵐 season
嵐 スマイル
嵐 僕が僕のすべて

嵐 truth(トゥルース)

「truth/風の向こうへ」(トゥルース/かぜのむこうへ)は、嵐の楽曲。同グループ23枚目のシングルとして2008年8月20日をもってJ Stormから発売された[1]。両A面シングルとして発売された。なお、両A面シングルで発売される嵐の楽曲は、13thシングル「瞳の中のGalaxy/Hero」以来4年ぶり4枚目。及び、1曲目がドラマ主題歌、2曲目がオリンピックテーマソングという形態の両A面シングルでも、上記同シングル以来2枚目。
本作は、「アオゾラペダル」以来の初回限定盤1・初回限定盤2・通常盤の3形態で発売。なお、初回限定盤1には「truth」のPV、初回限定盤2には「風の向こうへ」PV(初回限定盤1と2は曲順が逆)、通常盤にはカップリング曲「スマイル」とそれぞれのオリジナル・カラオケを加えた計6曲が収録されている。
「truth」のコンセプトは「悲しみ・復讐・無常」。「風の向こうへ」のコンセプトは「自分を超え、きみを超え、追い風の向こうへ」。
「truth」は、メンバーの大野智主演のTBS系金曜ドラマ『魔王』の主題歌。歌詞には、ドラマ本編と重なる要素(「謎」「闇」「真実」「百合」「隠し切れぬ二つの顔」など)が含まれている。また、ドラマ主題歌、同枠での主題歌担当はいずれも20thシングル「Happiness」以来となった。この曲のエピソードとして、元々この曲1番目のAメロ全体は大野のソロパートであったが大野は「嵐の楽曲なのに自分のソロばかり多くて他のメンバーが無いのは変だから少し減らしてもらった。」と雑誌で語っており、ファンの間では非常に有名である。
「風の向こうへ」は、2008年の日本テレビ系北京オリンピック放送のイメージソングである。また、毎回ラップ詞作詞を手がけている櫻井翔は、日本テレビ系北京オリンピックキャスターを担当していたため、ラップ詞は櫻井自身が北京オリンピックの日本代表選手を取材した際感じた選手の想いなどから書き起こされている。
「truth」は大野、「風の向こうへ」は全員にソロパートがある。
「truth」「風の向こうへ」とも、PVの監督は「サクラ咲ケ」を手がけた須永秀明が担当している。第23回日本ゴールドディスク大賞邦楽部門シングル・オブ・ザ・イヤー 作詞・作曲:HYDRANT、編曲:前口渉
大野智主演 TBS系金曜ドラマ『魔王』主題歌


【人気ブログランキング】
MUSICPVCOLLECTIONはApple iTunes正規提携サイト。ミュージックAppやiTunesで曲を聴きながら歌詞を表示する方法は以下からご覧ください。